パパ募集掲示板

パパ募集の被害・失敗体験談を紹介

パパ募集_失敗

こんにちわ!

 

たんです!

 

今回は読者様から、「こんな失敗したんだよ~」っていうパパ募集失敗談を紹介したいと思います(`・ω・´)ゞ

 

 

 

なんでいきなり??

 

 

 

って思います?

 

だって、パパ活って結構、よく思わない男性が結構いるもんなんですよ。

 

基本をしっかり抑えてパパ活掲示板で募集のコツを抑えていれば、そんな危ない思いや失敗はなくなるんですが、感情的になって勢いだけでパパ探しをするのは辞めたほうが良いですよ。

 

いろいろな被害にあった人もいたから気を付けてね!って事ですね(´・ω・`)

 

悲しいですが、酷いことするパパ男性もいるんですよねー。1番多いのは「やり逃げ」です。セックスさせて一銭も払わず逃げれるという…悲惨な状態です。

 

警察ごとにもしたくないですし、私は次は騙されないように気を付けようと気持ちを入れ替えて、パパ募集をつづけたもんです。

 

 

でも、ちゃんと掲示板で定期にするパパを選べば、問題なく良い関係になるんですよ(・ω・)b

 

掲示板も変なところ使うと、変な人集まっちゃいますしね。気を付ければ、安全に掲示板でパパ募集できます!

 

 

では紹介しましょう(^◇^)

 

Kさんの愛人契約のつもりがバックレされた体験

 

私はガールズバーで働いていたのですが、とある中年男性に「月35万払うから愛人にならないか?」という事を言われたんです。

 

私はそんな事を言われたのは初めてでしたし、月30万以上なんて稼いだことがなく、つい舞い上がってしまい詳しく話を聞くことになりました。

 

男性は、40才くらいで収入は2500万と言ってました。ワイルド系な人で夏には海でジェットを乗るらしいです。

 

私は20歳でガールズバーで働くフリーターです。容姿は普通だと思いますし、別にしゃべりが上手なわけじゃないです。先輩に相談したら、「多分その可愛すぎない感じが気に入ったんじゃない?」と言われ、きれいであれば良いというわけではないんだなと知りました。

 

男性とは、その1週間後に店以外で出会いました。外でお客さんと会うのは変な感じでした。先輩いわく、キャバ系の女は愛人になる事は多いと言っていたので、愛人契約に私は結構乗り気でした(笑)

 

居酒屋で話したんですが、「自分は若い子にお金をあげたい気質なんだ」という事を言ってました。まさにパパ気質とはこのことだろうと思いましたね。男性的には35万より上げても良いとも言ってくれ、私は金額の大きさに驚きました。そこで私はOKを出してしまい、その夜は男性と行為をしてしまいました。

 

そこから、「月末にまとめて支払う。店は辞めた難かったら辞めても良いかもね」と言われ、言われるがままに店を辞めてしまいました(本当に後悔)

 

そこからは1週間に1回くらいで出会い月末を迎えました。1か月でその時は4回会ってました。私は40万近くもらえる事に心踊っていましたが、なんとパパ男性が急に音信不通に。

 

ラインではなく、「人にバレたら困るから」という理由でカカオだけの交換でした。名前は聞いていましたが、今となってはそれを証拠とするものも見ていません。名前をFacebookで検索してもヒットしませんでした(そもそもやってるか不明)。そして家に行った事もなくずっとラブホだったので。

 

完璧にやり逃げされました。

 

本当に悔しかったです。あんなクズ男を引き当ててしまった自分が悔しいです。ほかのキャバの子に相談して店には復帰できましたが、パパ活を上手くやっている夜系の仕事仲間のことも知っていたので、まさか自分が被害に合うなんて思いもしませんでした。かなり痛い失敗談ですが、いてもたってもいられなかったのでメールしました。

 

 

〈たんの意見〉
確かに私も最初はやり逃げされた事もあります。完璧に男の裏切りですよね。男が不幸になれば良いと思います←

 

それから私はパパ募集を再開するのに時間がかかりましたけど、今では未然にパパを吟味してるので被害に合う事はありません。

 

パパ男性はどんな人かをちゃんと見極める事がめっちゃ大事なんですよね。あと個人情報は聞いといた方が良いです。もうKさんはパパ募集しないかも知れませんが、そんなひどい男はぽーんと忘れてかっこいい彼氏を作るために女磨きしましょう!とりあえずビールをあびるほど飲みましょう!

 

 

 

Aさんの振り込み延長された失敗談

 

私は少しお金に困っている状態で、パパ募集を某Wのサイトでしてみました。すると30代の男性から声をかけえてもらい、メールをするようになりました。彼は30代で月100万以上稼ぐ、小さな会社の代表らしいです。

 

私は初めてパパ募集をして、全く愛人契約が分かっていない状態でした。

 

彼からは「実際い会ってみないと分からない」という話になり、私も同意して彼と食事をすることになりました。実際に会って彼の印象も良かったので、お互い同意の上で愛人契約をすることにしました。その日はそのまま帰りました。

 

契約内容は

 

  • 月30万円
  • メールは毎日する
  • 週に1~2回ぐらい会う

 

私はとりあえず、やってみよう!と思い彼との愛人生活がスタートしました。

 

彼から貰う金額は、銀行振り込みでした。使って無い口座があったので番号だけ教えました。振り込みの日は毎月20日と話して決まましたが、一回目の振り込み日になっても、振り込みがされませんでした。

 

約1か月間は週一で彼と夜を過ごしていたので、十分愛人としての仕事はしていました。彼に振り込みがされてない事を言うと、

 

「会社の事務にパソコンで振り込みさせたが、明日の午前に反映される」

 

と言われました。そして、次の日もまた振り込みがされませんでした。メールをしても、「今仕事が立て込んでるから、明後日の夜に会った時にいくらかお礼をする」と言われ、またもや支払いを延長されます。

 

そして明後日になり夜は食事をしました。その日もホテルに泊まる雰囲気になり、行為はしました。終わり際に「お礼」をくれるのだろうと思っていたんですが、彼から「振り込みの予約を月曜に設定しているから大丈夫だよ」とのこと。「遅れてしまったから40万を振り込み予約してある」と言っていました。私はそれで安心してしまい、そこでは何も受け取りませんでした。(ラブホ・食事代はあっち持ち)

 

そして約束の月曜日になると、またしても振り込みがされていませんでした。あわててメールをすると「システムエラーで明日に反映されるはず」と言われ、もう我慢できなくて、着信拒否にしました。

 

私は騙されてましたよね?

 

 

〈たんの意見〉

 

はい。ほぼ間違いなく騙されているのではないかと思います。たくさん会話したりエッチしたりしたと思いますが、いきなり定期で会うのは早かったのでは?というのが私の意見です。

 

金額が大きいから口座の振り込みにするのは、愛人契約でもパパ募集でもよくあることです。

 

特に口座の番号を押してもトラブルにはなりませんので。

 

ただ、一度振り込みが遅れたのなら、それは縁を切った方が良かったと思います。

 

私なら切りますし、まず単発を繰り返して様子を見ます。

 

Aさんはパパ男性の事を疑いたくないのかも知れませんが、客観的にみるとパパ活の被害談だと思いましたので、掲載させてもらいました。

 

もう関係を絶ったと思いますが、今後はパパ男性を疑いながらパパ活することを意識してみはいかかでしょうか?

 

サイトで頼れるパパを探す3つのコツ

パパ探しのコツ
出会い系のSNSサイトを上手に利用すると人間関係の幅が広がります。その中で難しいのが、頼れるパパを探し出すことです。初めてパパ活する女性にとっては不安なことがいっぱいあるはずです。

 

そこで、サイトで頼れるパパを探し出す3つのコツをお伝えします。

 

ただし、条件があります。これらの方法は、一日で探し出せるとは思わないでくださいね。大切なことは継続です。焦らずじっくり男性の方を見極めていかなくちゃいけません。

 

焦らるとハズレを引きやすくなるので注意してくださいね。何かのついでに、毎日サイトをチェックする程度の気軽さでいいんです。

 

友達や恋人だけでなく困った時に助けてくれるパパを探すことができたら頼もしい限りです。サイトの掲示板には愛人を募集しているパパが大勢いるので気楽に取り組んで頂けたらと思います。。

 

金銭的に少し援助して欲しいなという時に、サイトの掲示板を見てどのような男性が愛人募集しているのか、どのようにすれば親しくなれるのかをアドバイスします。

 

プロフィール掲示板で投稿している男性をチェックする

男性の掲示板
サイトの掲示板には数種類あり、今すぐ会いたい、まずは友達から、遊び仲間募集、などのカテゴリに分れています。愛人を探しているパパは、即会いや遊び仲間募集などにはあまり投稿しない傾向があります。

 

即会いは一度きりの体だけの関係目的が多く、条件としてホテル代別2万円で、というような条件をだして割り切った関係を求めています。遊び仲間も趣味を通して仲良くなれたら飲みに行こうという感覚なので、一度だけ夕食をご馳走してくれる程度の関係だと思います。

 

それに比べて写真などで自己開示しているプロフィール掲示板は、メールのやり取りをして連絡先交換、逢うのはそれから考えるというスローペースな関係を求めていることが多いです。つまり、ある程度信頼できてきちんと連絡がとれるパパを探すのであれば、このカテゴリから探したほうが長期の付き合いが出来るのではないかと思いますよ。

 

見た目や雰囲気も確認できるので一石二鳥です(◎>▽<◎)/

 

自分から愛人という言葉を言わないこと

友達掲示板で愛人募集という言葉を使う男性はほとんど居ません。それは経済的に余裕があるように勘違いされては困るからという理由もあります。
メールで少し親しくなると本音が出てしまうこともありますが、愛人とか援助などの言葉を自分から言わないように気をつけてください。多くの男性はその言葉に引いてしまいますし、かなりサイトに慣れている男性でなければ、そのような女性の失言をフォローしてくれません。

 

本音はどうであれ、愛人のポジションやお金に執着するような発言だけは控えておいたほうが良いです。

 

会話にお金の話を上手に取り入れる

メールのやり取りをして逢ってみようかなというところまできたら、男性のほうがもうひと押しと言わんばかりに押してきます。その時点で逢うのも良いですが、もう少し引き伸ばしてメールでの会話にお金の話を取り入れてください。

 

例えば「今月は少し仕事が上手くいかなくて給料が低かった」「子育てにお金がかかるので自分のお洒落ができない」など、何も要求していないけれど力になって欲しいというニュアンスを込めた会話です。ここでメールの返事が返ってこないようであれば、経済的にほとんど余裕がないか、長い付き合いを求めていないかのどちらかになります。

 

長く付き合えるパパを探している人にとって、サイトの利用はきっかけ作りにベストな場所です。なるべく長い付き合いを求めているような男性をターゲットにして、本当に愛人と呼べるような金銭的な援助が可能な相手かどうか見極めることも大切です。

 

まとめ:今回の失敗談から分かった事

 

私は効率の良いパパ募集にフォーカスしてます。

 

パパと面接、パパと単発でデート、単発で割り切り。単発の割り切りの繰り返し。そして定期的関係。という順番でパパ活しています。

 

今回の失敗・被害談はどちらも支払いの延長です。

 

原因はパパ男性を見極めが上手くいかなかったという事でしょう。私は何度も会って確かめないと不安ですので、簡単に定期の約束はしないようにしています。

 

もしパパ活を考えている人がいれば、参考にしてくださいね(^_-)-☆

 

女性は完全無料のパパ活サイト一覧