【パパ活】Twitter(ツイッター)と出会い系サイトを比較

Twitterと出会い系サイトを比較

Twitter

パパ活を初めて3年くらいの私ですが、最近はダイエットをし、洋服を工夫し、ヘアスタイルも変え、女性として綺麗にあろうと試行錯誤しています。

 

ちなみにカラコンは超おすすめアイテムです。別人並みに印象を変えれますし、snowというカメラアプリでカラコンの自撮りしたら見事に詐欺写メが撮れます(笑)

 

 

それはさておき、

 

パパ活でリサーチをしているとTwitter(ツイッター)がよく検索にヒットします。

 

 

かく言う私もパパ活をしている人間ですが、パパ活をTwitter(ツイッター)したことはありませんでした。

 

というか、私のTwitter(ツイッター)は完璧に趣味と数少ない友達で埋まっています。

 

そんな状況でTwitterでパパ活なんてできませんので、裏アカを作らないといけないんですよね。メールアドレス一つで比較的簡単に作れますのでここで私は試みる事にしました。

 

 

今回のテーマは「Twitterでパパ活は実際どーなの?」っていう事です。

 

 

パパ男性を出会い系サイトの掲示板で募集するのは比較的簡単ですが、Twitterってどうなんでしょうかね。

 

 

まず結果からお伝えしましょう。私の結論はこうです。

 

女性がTwitter使うメリットなくね?

 

と思いました。

 

 

Twitteの成功例から見るメリット

 

ではでは、Twitter(ツイッター)の成功例から見ていきましょう(*'▽') そこからメリットが見えてくるかも知れません。

 

Twitter_パパ活

 

Twitter(ツイッター)によりスケジュールをパパ活だらけにする女性です。

 

かなり儲かっているみたいな感じですね~こうして見せびらかす必要もない気がしますが。でもパパさんとの予定が埋まっていくのは、ある主の快感というか充実感はあんですよね。

 

私はセックスもしちゃうパパ活ですけどね(笑)

 

この女性はプラトニックなセックスなし系のパパ活をしているようです。

 

気軽にできる

 

Twitterは何といってもその気軽さにパパ活の魅力があるのではないでしょうか?

 

Twitterってかなり利用率高いですし、出会い系サイトほどガッツリ「登録」って感じがしません。

 

慣れしたんだSNSだからこそ気軽なツールとしてパパ活で使えるんだと思います。裏アカを作らなきゃいけないって事は面倒ですけど、出会い系サイトの登録よりよっぽと楽です。

 

Twitterの場合、登録手順は簡単で、名前・パスワード・アドレスを設定して終了です。もちろん無料ですね。

 

写真で顔を晒すのは危険なので辞めた方が良いでしょう。顔だししてるパパ活女子もいるんですけど、私は「援デリ業者」じゃないかと睨んでます。

 

多くの男性に伝える事が出来る

 

Twitterの利用者は全世界の規模です。日本のクローズSNSの出会い系サイトとはレベルが違います。利用者はそこら中にいますよね。

 

出会い系サイトとは違い多くの男性から募集する事が出来ます。

 

また、Twitterには規制はあるでしょうが、書き込みで「援助」とか「サポ」と言った通常出会い系サイトでは書き込めないワードがOKという点も使いやすいメリットです。男性もすんなりと募集を調べる事が出来ます。

 

 

 

・・・

 

ココまでは、簡単そう♪気軽に始められる♪と良さそうな情報ですね。実際に私も利用してみました。

 

私がやってみた感想「出会えるっちゃ出会える」

 

出会えるっちゃ出会えます。

 

Twitter(ツイッター)って簡単だなーって思いました。本当に。

 

最近の出会い系サイトはTwitter以上にできる事はたくさんありますけど、オープンSNSである事がかなり大きいです。

 

 

とんでもない数のリプ&ダイレクトメッセージがくる

 

 

100とか来ます(笑)

 

どんだけですか(笑)

 

 

Twitterの設定でオープンDMにするとフォロワー以外からメッセージを受け取る事もできますし、リプなら直接タイムラインに出ます。パパ活男性(援助男性)も当然裏アカでしょうからリプはどんどんきましたね。

 

いかに世の男性が下半身で物を考えているか分かりますw

 

想像はしていましたけどね。

 

 

この中から一人を選び出会わなければいけない・・・

 

話を省略してまとめると、3人と出会ってみました。詳細は下記に書きますね(・_・ll)

 

 

Twitterの失敗例から見るデメリット

 

ではTwitterでパパ募集して失敗しした人からデメリットを挙げてみましょう。

 

Twitter_パパ活_失敗

 

こんな感じで、Twitterで「パパ活 被害」と入力すると被害系のツイートを調べる事ができました。

 

出てくる出てくる(笑)

 

 

やり逃げや食い逃げが多いみたいですね。私は出会い系サイトを長い事使ってますけど、そんなひどい男性は出会った事がありません・・・酷いですね・・・

 

なぜこのような事が起こってしまうんでしょうか?

 

 

相手男性の詳細が全く不明

 

まず第一に相手が分からなさすぎるんだと思います。

 

確かに出会い系サイトも利用しない人からすと「あやしーサイト」って感じだと思います。

 

ですが登録は年齢認証もありますし、電話番号で2重登録も防止しています。詐欺や業者も運営は排除に当たってくれています。

 

出会い系サイトで出会う男性は一応、年齢や個人であるチェックをパスしている人なんです。

 

Twitterでパパ募集して初めてその大切さを知りました。

 

 

■Twitterで3人の男性と出会いました

 

1人はフリーターを名乗る19才の男性。写真よりかっこよくなかったですw

 

1人はまさかのニート。太って清潔感を感じませんでしたので謝って場を後にしました。

 

1人は帰宅帰りのサラリーマン風の29才の男性。ホテルに直行する予定でしたが、「軽く飲もうよ」という提案をうけ、強引に連れていかれそうになったので、逃げてしまいました。

 

私は出会い系サイトの登録って結構が意味があるものなんだな!って思いました(´;ω;`)

 

変な人Twitterで多くないですか?

 

3人会って3人ともまともじゃなかったんですが・・・

 

出会い系サイトと言えど、詳細が分かるって大切な事なんですね。幸い今回出会った3人により私は何かの被害に合っているわけではではありませんので、良かったです。

 

 

騙される可能性がある

 

酷い場合だと上の画像のような被害を報告するツイートをしなければいけなくなるかもしれません。

 

やり逃げや食い逃げ、支払い逃げが多発してる模様です。怖い・・・orz

 

詐欺で騙されても被害届を警察に出し事情を説明しなければいけません。私の場合はセックスありきでパパ活をしていますので、まず警察はムリです。

 

通常のセックスなしのパパ活でも相談は受けてくれるそうですが、ケースバイケース。警察がう動いてくれる場合は自分のありとあらゆる個人情報を警察に見られます。親に連絡もいくかもしれませんね。私としては、その流れがすごく嫌です・・・バイト先・勤め先にもひょっとしたら連絡がいくかもです。

 

 

ひぃ・・・('Д')

 

目をそむけたくなりますね。

 

騙された時もそのあとも悩まされる事は違いないですわ・・・

 

 

サイトよりも変な人が多い

 

出会い系サイトには確かに変な人多いんですけど、上記した3人も十分私からしたら変でした!

 

出会い系サイトの変な人ってオタク・インドアっぽい人が多いんですけど、Twitterの3人はどちらかと言えばリアルに街中でいるタイプの変な人だと思います。

 

変と言うか、単純に怖いです。理解できないから怖いし近づきたくないんですよね。

 

私はパパ活でオタクっぽい人には会いますけど、理解できるし危害を加えるタイプじゃない人が多いです。やらせろメールがくる人も多いですがTwitterの比ではないです。しかも出会い系サイトの男性ってやらせろ!っていうのはあってもちゃんと払ってくれるものは払ってくれますしね(笑)

 

そいう所は真面目な人が多いかもしれません。

 

 

若い人が多い

 

あとTwitterでリプやダイレクトメッセージを受け取った年齢は20代がほとんどでした。出会い系サイトでは30~40代からもよくメールを貰います。

 

Twitterのパパ男性志望は若い人の間で広まってるんでしょうか??

 

 

他の人の意見が怖い

 

あと私は個人的に出会い系サイトと違ってオープンなのが怖いなと思いました。

 

Twitterから個人特定をされる事はないかも知れませんが、自分のツイートとかをリツイートされてしまったら、知らない誰かの目に触れます。それで拡散でされてしまったら精神的にツライです・・・

 

Twitter(ツイッター)の良いところでもありますが、上の画像みたいに批判対象になってしまうと恐ろしいなと、思います。

 

 

 

女性はあえてTwitterでパパ募集するメリットはない

 

Twitter(ツイッター)では確かに簡単にパパ募集をしています。

 

ですがあえて、Twitterを利用して募集するメリットはないと思います。

 

出会い系サイトは無料ですし、サイトには年齢確認や番号認証があり、しっかり運営されています。

 

Twitterでは男性ももちろん無料で利用でき、年齢も不明。詐欺も多発している無法地帯です。

 

パパ募集を日頃後からしている私にとっては、安全とはいいがたいですね・・・

 

 

試しても被害に合わないように注意してください(; ・`д・´)

 

女性は完全無料のパパ活サイト一覧